アイキララ MGA

MGA(ビタミンC誘導体)って何?

アイキララは普通のアイクリームとは違って目元のクマに特化した化粧品です。

 

そのためクマに効果的な成分がたくさん配合されています。

 

その中でもMGAというビタミンC誘導体の一種がとっても効果があるんですよ。

アイキララに配合されているMGA(ビタミンC誘導体)は、コラーゲンの産生を活性化する成分でビタミンC誘導体の一種です。

 

そもそもコラーゲンは健康的でふっくらした肌をキープするためには必須の成分です。コラーゲンが減少すると肌のハリや弾力がなくなって肌が痩せてきます。

こうなってくると目の下の皮膚がたるむことで陰になり黒クマが発生します。また、皮膚が痩せることで皮膚自体の厚みが薄くなり毛細血管が透けて見えることで青クマが目立つようになります。

 

当然肌のターンオーバーも不規則に乱れることで皮膚の奥に沈着したメラニン色素もなかなか体外に排出されなくなるのでその結果、茶クマも目立つようになります。

 

コラーゲンが減少することで「クマ」の発生リスクもぐんぐん上昇します。
つまり、コラーゲンの減少=クマの大量発生となるので早めの対策が必要ですね。

 

コラーゲンを増やす3つのポイント

ポイント1:酸化のダメージを減らす

コラーゲンは、紫外線や激しい運動、タバコ、ストレスなどの刺激によって発生する活性酸素によって大きなダメージを受けてしまいます。特に紫外線のUVAが肌のコラーゲンを容赦なく攻撃することでおこる光老化には気を付けましょう。

 

ポイント:コラーゲンを生成する食品を摂る

コラーゲンはたんぱく質の一種で、アミノ酸を材料にして細胞で作られます。そのためコラーゲンを生成するための材料となるアミノ酸を積極的に摂取する必要があります。

 

中でも、大豆製品や乳製品、小麦や豚肉、鶏肉、しゃけやマグロなどにアミノ酸が多く含まれているので積極的に摂取するようにしましょう。

 

ポイント3:コラーゲンを活性化する化粧品を使う

化粧品を使って肌に直接コラーゲンを活性化する成分を塗布するのも効果的です。特にアイキララに配合されているMGA(ビタミンC誘導体)は、コラーゲンを活性化する効果が高くハリ不足からくるクマ対策にはとても有効です。

 

コラーゲンが半分に減少!?

 

コラーゲンは加齢によって減少します。特に35歳以降には20歳に比べると約半分にまで減少すると言われています。そのため30代、40代の方には積極的にコラーゲンを補って頂きたいです。日頃からコラーゲンを増やす意識を持つことが根本的なクマ対策につながります。